人に言えない悩みの女性器整形を病院に行ってみましょう


女性器は形や大きさはそれぞれです

人に相談できない悩みに女性器についてのことがあります。女性器の形や大きさ、色などは人それぞれで悩んでいる本人にしたらデリケートな悩みです。まずは、婦人科に行ってみましょう。そこでは、まず、カウンセリングから始まります。具体的にどんなことで悩んでいるか、もし自分の女性器が異常だった場合、治療をしなければならないかなど悩んでいることをいろいろと吐き出し、またわからないことは質問して下さい。それから、診察となります。男性医師だと抵抗があるという女性もいますので今では、女性医師を希望すれば女性医師が診察してくれます。特に男性に見られたら恥ずかしい小陰唇縮小やクリトリス包茎などの診察はデリケートな部分を見られることになりますので同性の医師の方が気持ちは楽かも知れません。

手術が必要な場合は事前に説明します

さて、診察の結果、手術をした方が良いという結論になった場合、それを伝えます。そのまま、手術にするかセカンドオピニオンで違う婦人科医に診察してもらうかは自分の意思で決めることです。そこで、手術をするとして、手術についてお話をします。特に施術部分をデザインして説明しますので、術後のイメージがわきやすくなります。手術は基本的に局所麻酔で行っています。ただし、手術に対する恐怖心を取り除くため、静脈麻酔、無痛麻酔で行っています。そして、手術後は、体調はどうかなどの心配事を聞いたりするアフターケアも行っています。手術を受けた後は不安でもあるので、何度でもアフターケアに応じて心配のないようにしています。

女性器整形とは、女性器の形を整える整形のことです。左右でいびつな形をしていたりなどのコンプレックスをなくす手立てになります。