スマートフォンの修理の手順は主に二通りある


地元の修理をしてくれるところを探す

スマートフォンが壊れた場合は、まず地元で修理してくれる店舗を探しましょう。東京や大阪のような大きな都市だったら、見つかることが多いです。インターネットで検索すれば、どのような店舗があるかすぐに分かるようになります。地元の業者に頼めば、その日のうちに使えるようになる可能性もあります。仕事などでスマートフォンをすぐに使わなければならない時は、この方法がお勧めです。ホームページには料金や修理にかかる時間などが書いてあるので、それを目安に壊れたものを持っていくところを決めましょう。ただし、部品の交換などをしなければならない時は、当日に修理が終わらない場合もあります。

購入した会社に修理を依頼する

もう一つの方法は、スマートフォンを購入した会社に修理を依頼するものです。この方法を使えば、修理代が安くなる可能性が高いです。ただし、自分の手元に帰って来るまで時間がかかります。帰って来るまでの間代わりの機種を使うことになります。スマートフォンが壊れて動かなくなったら、会社に連絡してスマホの状態を伝えます。それが終わった後は、配送業者の手配が行われます。業者が家にきてくれるので、壊れたものを手渡して、修理をする場所まで送ってもらいます。修理にかかる時間は壊れ方の状態や会社ごとに異なっています。修理が終わったら自分のもとに帰って来るので、かわりに使っていた物を送り返します。スマホの修理店がない地方に住んでいる場合は、この方法を使うことになります。

Xperiaの修理を必要とされる場合、購入店に持っていくのが普通ですが、スマートフォンの修理専門店に持ち込む方が、短時間で修理でき価格も安価な場合もあります。