CAD製図と手書き製図の比較をしてみましょう


回路が入りきらない時でもCADなら簡単

回路図を書く時に、すべての回路を1枚の用紙に収めなければならない場合には、スペースを考えながら書いていかなければなりません。最初は余裕で書いていても、最後の方になると入り切らなくなくなってしまい、線間をつめるなどの作業が必要になることも少なくありません。手書きの場合はある程度のスペースを確保するため、書いたものを消して修正することになりますが、CADでは線を選択して移動するだけで良いのです。回路は途中で変更になって新たな回路を図面に盛り込むことも少なくありません。手書きの場合はつめても入りきらない時には別紙に変更になった回路を書いて添付する形になりますが、CADならスペースを開けて追加になった部分を盛り込むこともできる、1枚で完結出来るメリットもあるわけです。

作図を行ったファイルをメールに添付

CADで作図を行った回路図は、同じCADシステムを持つ相手に渡す時には、CADフォーマットでも良いのですが、改変されては困る時や相手が同じCADシステムを持っていない時にはPDFに変換することで閲覧が可能になります。PDFの場合は基本的に改変することができないので、情報の保護にも繋がりますし、相手のパソコン環境に依存しないファイルフォーマットですから閲覧する目的で渡す時にも便利です。さらに、CADファイルだとファイル容量があるものでも、高圧縮PDFを利用すればファイル容量が小さくなり、メールで回路図を配信する方法も可能になるメリットを持ちます。

電気CADは、電気工事の配線図面をパソコンを用いて設計することによって、効率を高める目的があります。