こんなにあったのか?トイレの水漏れの種類


便器に流れる水が止まらない

バスルーム・キッチンなど住宅にはたくさんの水回りがありますが、特にトイレの水漏れトラブルはよく起こりがちです。毎日大量の水を使う場所なので、一度トイレで水漏れが起きると大変不便をきたします。一口にトイレの水漏れと言っても様々種類がありますが、特に見られるのが便器の中に水が流れ続けるケースです。
この原因は、タンク内の部品であるゴムフロート・水栓の破損や劣化が疑われます。一度タンクを開けて、部品がきちんと作動しているかを確認するといいです。もしも修理が難しい場合は、自分で直そうとせずに専門業者に相談をしましょう。

ウォシュレットの水漏れ

ウォシュレットからの水漏れも多く見られるトラブルです。ウォッシュレットから水が漏れる主な要因は、リモコンの電池切れ及びノズル内の弁の故障が挙げられます。また、ウォシュレットの本体のパーツ・ジョイント部分が劣化している疑いもあります。ウォシュレットの水漏れはそれほど大事ではないので、自分で修理できると勘違いする方は多いです。ただ修理に失敗してしまうと余計に悪化してしまうので、不具合があれば早急に業者に相談した方が良いでしょう。

トイレの配管からの水漏れ

トイレで用を足してから水を流すと水漏れが発生するトラブルも多く見られます。この原因は、タンクと便器を接続している配管の劣化、ヒビが入っていることが考えられます。さらに、配管のゴムパッキンやナットが緩んでいる可能性も高いです。なので、まずは配管のどこから水が漏れているのかを確認するために一度ナットを締めてみるといいです。それから、水道の修理専門業者に相談してみましょう。

水漏れのトラブルは放置しておくと、建物を傷めてしまいます。そのため、早めに対処するようにしましょう。